好きなのは

8件のコメント


 
   回顧録 つづき
 
 
               プロポーズもした お父さんに「。。。ください」とも言った
 
 
      2人で逢う回数も増えた
 
 
      会話の内容は もっぱら結婚式の話 
 
 
      1月15日(祝)に結納 仲人はpikaoの会社の社長にお願いした
 
 
      心配な事もある pikaoの父は 式に出席してくれるか?
 
 
      式は3月25日をおさえた 場所は 東京駅の真上のビル内の式場
 
 
      婚約指輪を買いに行かなくちゃネ
 
 
      結婚は いろいろエネルギーが必要だ
 
 
      でも、楽しい日々♪ 毎日が ルンルン気分♪
 
 
 
 
 
      ところで 「運命の人」はpikaoのどこが好きだったのか
 
 
 
 
      好きなところは
  

                                                             

 
 
                      『  』 です 
 
 
 
 
 
      特に 親指の根元のプクッとしたところが好きだそうです (笑)
 
 
      他にも pikaoのイイところあるでしょう 手だけかよぉ 。。ったく
 
 
 
 
     つづく
 
 
 
 
 
      

臨時講師

6件のコメント


 
   ちょうど 3年前に 「介護の教室」で学んでました
 
 
そこの学校から依頼がありました
 
 
pikaoの今の仕事は、「施設の宿直」がメインです
 
(時々、別の市で教室の運営もしています・送迎の仕事もチョッピリ 仕事はイッパイあります)
 
 
 
これから 卒業していく人たちに 「施設」がどんなところか伝えるのが目的です
 
 
生徒たちは 不安だらけデス 疑問だらけデス
 
 
 
pikaoは たった3時限の授業でしたが 
 
 
みんなに わかり易く伝えます
 
 
そして 疑問に答えます
 
 
(うんうん) 
 
 
 
 
ちょっと 「吉本的」で反省もありますが 生徒たちは楽しそうでした
 
 
 
そう 勉強は 楽しく です
 
 
 
それは pikaoのポリシーでもあります 
 
 
 
 
 
 

プロポーズの言葉

14件のコメント


 
  回顧録 つづき
 
 
       前回 お父さんに 『。。。下さい』 と言ったんですが    
 
          ブログの仲間からプロポーズの言葉は何でしたか。。。の質問がありました
 
 
 
       プロポーズの言葉を調査しました
 
 
 
 
      正直なところ どれが その言葉だったのか よくわかりません(汗)
 
 
       ① pikaoのライバルが結婚するので 「あいつに負けたくない」と言った説
 
       ② pikaoが酔っ払って 電話で延々と話した中で「必要なんだ」と言ったらしい説
 
       ③ 手紙で 「大切な人」 「運命の人」とかを書いていた説 
 
 

 
 
       ④ いつもpikaoは「家庭」について 話していた説   などなど
 
 
 
 
 
 
       昨日、ランチをした時に pikaoの妻からの証言は
  
      
       やっぱり これかなぁ~
 
 
       新宿の小奇麗な食堂で「絶対に幸せにする」と言ったらしい (その時、指輪はなし)
 
 
       だから
 
 
 
 
 
      
    
 
 
 
       『 絶対に しあわせにする 』 です 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
      つづく
 
 
      
 
 
 
 
 
 
    

年金

6件のコメント


 
   今日、社会保険事務所に行ってきました
 
 
 
待ち時間のことや、駐車場はイッパイかなと心配しましたが
 
 
そこは 意外にガラガラでした (待ち時間ゼロ)
 
 
そして
 
 
窓口の人は とても親切・丁寧でした
 
 
 
pikaoの年金額も 予想以上に受け取れる事を知りました
 
 
 
もう一つ 収穫は 年金基金にも加入していたので
 
 
 
老後には 十分な金額を受給することができる(嬉)
 
 
 
嬉しいから pikao夫婦は ささやかなランチをしました
 
 
 
これで 1,050円 (コーヒー付き)
 
 
 
安くても美味しいものを提供してくれる店が
 
 
 
pikaoは一番好きです  
 
 
 
 
 
 
 
 
 

いい夫婦の日

12件のコメント


 
  今日 11月22日は 「いい夫婦の日」
 
 
 
pikao夫婦の日でもある (笑)
 
 
 
その シンボルマーク
 
 
夫婦ふたりが お互いに 感謝しあう日
 
 
夫婦にはコミュニケーションが大切
 
 
何かプレゼントしよう。。。
 
 
みなさん 夫婦仲良く ☆c(゜ー゜*)c☆
 
 
 
 
 
 

下さい と言った

10件のコメント


 
 
    回顧録 つづき
 
 
                       「運命の人」は焦っていなかったが
 
 
 
 
       2人の妹が、あと少しで結婚すると知ったpikaoは
 
      いつの間にか      
 
      俺たちの結婚をいつにするか話し合っていた (ホントは pikaoが 焦っていたのかな)
 
 
      そして、ついに
 
      「運命の人」のお父さんにも 1升瓶 持参で逢いに行った
 
 
      お父さんは 快く迎え入れてくれた (お酒がきいたかな)
 
 
      「娘さんをpikaoに下さい」 と なかなか言えない
 
 
      タイミングをのがしたpikao 焦るぅ~
 
 
 
      お父さんの口からは
 
 
 
      お酒を飲みながら 戦争の話が 延々と続く
 
 
 
      「運命の人」を下さい 言えない。。。pikao焦るぅ~
 
 
 
      こうなれば持久戦だ
 
      
 
 
      結納を 1月15日
 
      仲人は pikaoの会社の社長に頼むつもりだ
 
 
      式は 3月に予定 (早すぎるかな 無理かな)
 
 
      これで 1月にすぐ下の妹の結婚式
 
      そして 2月に一番下の妹の結婚式
 
 
      3ヶ月連続して 結婚式をすることになる事も伝えなきゃ。。。 これは無理かな
 
 
 
 
      お父さんは 完全に酔っ払っていた  同じ戦争の話が3度目に入った
 
 
       酔いつぶれる直前に 「。。。下さい」とだけ言ったpikao (卑怯なpikao)
 
 
      お母さんが pikaoの フォローをしてくれていた (情けないpikao)
 
 
 
 
      そして
 
     
      お父さんは 「2人も 3人もイッショだ」
 
 
        「好きにしろ」 と半ば諦め口調で 快く???結婚を承諾して・・・眠った 
 
 
 
 
      お父さんは 何も 覚えてないだろうな。。。
 
 
 
 
 
     つづく
 
          

焦るよね?

4件のコメント


 
   回顧録 つづき   
 
                   お互いの「品定め?」も終わり
 
 
 
 
      つきあいが本格化していく 2人だけの時間の中で
 
 
      「運命の人」はこんな人だった と知る時が増えていく
 
        お父さんは 大手企業の技術者で定年を迎えていた
 
         大酒飲みでマメな人と聞かされた (まだ会っていないけど 何故かドキドキ感)
 
        お母さんとは つきあって すぐ会いました 
 
         やっぱり「運命の人」に似て 「優しい美人」でした
 
         pikaoのことは お母さんも すぐ気に入ってくれました (どこが・・・?)
 
        一番上のお姉さんは 都内に住み子供2人いると聞いた
 
        二番目のお姉さんも 結婚していて子供1人 美容院の経営者で「美人」でした
 
 
 
 
      pikaoの兄弟は 男4人    兄 兄 pikao 弟   の
 
      「運命の人」の姉妹は6人  姉 姉 兄 本人 妹 妹  の系だ
 
 
      pikaoの兄弟で独身はpikaoだけ
 
      「運命の人」の姉妹で独身は 下の3人 と思いきや 
 
      下の妹二人とも 年明け1月と2月に「結婚」が決まっていた これって焦るよね
 
      しかも 年が明けると 「運命の人」は三十路 これって焦るよね
 
      
 
 
      「運命の人」は pikaoと会わなければ 独身を貫く つもりだったとか。。。
 
 
      だから 全然 焦っていなかった と 「きっぱり」 (今もきっぱり言う)
 
 
 
 
     つづく
 
 
 
 
 
 
 
 

少し母のこと

14件のコメント


 
   回顧録 つづき    
 
                  「2人仲良く」の言葉を残して帰って行った 母
 
 
 
      そんな「優しいの母」の事を少し書きます
 
 
 
      pikaoの母は美人でした
 
 
      「タケダ小町」と言われていた 「村一番の美人」 だったと自慢していた 母
 
 
      男ばっかり4人を産み育てた 母 (pikaoは3番目)
 
 
      家は職人さんが何人もいて 男ばっかりの所帯の中で 一人奮闘してた 母
 
 
 
      回顧録にも書いた
 
      父に逆らった時も pikao をかばってくれた 母
 
 
      pikaoのことを 一番心配していた 母
 
 
      だから
 
      「運命の人」を紹介した時 一番喜んでくれたのが 母
 
      今、想う
 
      親に心配をかけない事 それが 「おや孝行?」なのかな?
 
 
      母は いつも優しい顔をしていた
 
 
      そして 
 
      いつも笑っていた 
 
 
 
      そんな 母 でした
 
 
 
 
 
 
 
     つづく
 
 
 
 
 
 
      
 
      
      

逆 品定め?

8件のコメント


 
   回顧録 つづき     
 
                     高いハードルを越えたpikao
 
 
 
      「運命の人」は pikaoから もう逃げられない
 
 
 
      くすぶってた2人の関係だった分 2人は一気に燃え上がった (アセ・汗)
 
 
      「かわいい人」は もうpikaoの「トリコになった人」 (この変化わかりますか)
 
 
      年上・年下なんか関係ない 身長180cm以上 ははぁ~ん 全く関係なし
 
      
 

                        
 
 
 
 
      pikaoは ふるさとの母に電話した
 
   
      いきなり
 
 
       『 結婚したい人 できテン 』
 
       『 なにユウテンノン pikao 熱でもアンノンチャウか 』
 
       『 本気ヤデ 』 
 
       『 ・・・ 』
 
       『 かわいい人 ヤネン 』
 
       『 ・・・ 』
 
       『 今週末の日曜日に 運命の人 そっちへ連れて行くからなぁ 』
 
       『 ・・・ 』
 
       『 年上の人 ヤネン 』
 
       『 ・・・ 』
 
       『 連れてコンデモ エエ 』 『 お母さんが行くからナァ 』
 
 
 
 
 
       『 ・・・ 』
 
 
 
 
 
 
      ほんまに 母はすぐ来た
 
      新幹線の東京駅のホームで 久しぶりに母に会って 3人が合流した
 
 
       「運命の人」は緊張していた
 
 
 
      男4人を育てた母のイメージが 「運命の人」にはあったから
 
      怖いお母さんのイメージが 強くあったから 緊張していた
 
 
      でも、すぐ緊張はとれた
 
      会って すぐ 優しい母とわかったみたい (うんうん)
 
 
      pikaoの母も 「年上の女」に だまされてるんじゃないかと心配してた 笑
 
 
      とりあえず 浅草見物 雷門で記念撮影した
 
      
      
 
      母はpikaoのことが一番心配だったようだ
 
      父と勘当状態 それからも いろいろあって 関東で一人で大丈夫か心配してた
 
      でも、
 
      結婚したい人を紹介して 安心してた
 
       
      お腹がすいたので 3人で 軽く食事をした時
 
      母は うどんを注文したが 美味しくなかったのか 残してしまった
 
       (pikaoは母が残すのを初めてみた 勿体無いの元祖のような母だから。。。)
 
 
      その時
 
 
      何と
 
 
      「運命の人」が母の残り物を食べたんです・・・・・・・・
 
 
      母は 「ホホホホ。。。」と笑った
 
 
 
 
      それから 帰りの
 
 
 
      新幹線のホームで 母 が pikao と 運命の人 に言った
 
 
 
      「仲良くネ」
 
 
 
 
 
      つづく
 
 
 
 
 
 
 

品定め?

12件のコメント


 
   回顧録 つづき
 
                       計算外そして想定外の美人の2人は
 
 
 
 
      pikaoの「品定め」に 来たのでした T_T;
 
      pikaoがどんな男か 確かめに来たんです (ちょっとムカッ)
 
 
      どうりで、美人の2人から 「職務質問」のように いろいろ聞かれてた ハハァ
 
      それを pikaoは モテテると錯覚してた (バカだねpikao)
 
 
 
      pikaoも悪いんです  焦ってたから ストーカーのような事してたから。。。
 
 
       一途な気持ちも 相手によっては 気持ち悪いし怖いものなんだ
 
 
     
 
      でも、この「品定め」の結果
 
 
      pikaoには 強い味方ができました 
 
 
 
 
      そう、この美人の2人が 「pikaoの応援隊」になりました (嬉)
 
 
      繋がりにくかった電話も 100%の確立で電話で話ができるようになった
 
       (身元がはっきりしたから。。。pikaoの気持ちが周辺にわかってもらえたから)
 
 
 
      pikaoが出した手紙も 「かわいい人」から返事が来た (ちょう嬉しい瞬間)
 
 
 
      「運命の人」の理想の男性は
 
 
       結婚相手は 「年上」に決めていた そして、「身長180cm以上」。。。
 
        (pikaoとの年の差は1歳弱 、理想の身長差も たったの17cm 笑)
 
 
 
      pikaoにとっては この二つは どんなに頑張ってもクリアできなハードル
 
 
      偵察に来た2人も pikaoの言い分に (うんうん)と納得してくれてた
 
 
      その後
 
 
      
       「かわいい人」の気持ちに やや変化が・・・
 
 
 
 
 
      やっと 高いハードルを越えたように 2人はスピード恋愛に入っていく
 
 
 
 
 
 
      つづく
 
 
 

計算外・想定外

4件のコメント


 
 
   回顧録 つづき    (pikao28歳の秋) 
   
 
 
 
          前回    「かわいい人」から電話が鳴った
 
 
 
 
      pikaoにとっては 天にも昇る 本当に・ホントに嬉しい電話でした
 
 
 
      内容は
      
      「ペアdeデート」の時のお礼がしたい  
 
        そんな事しなくて いいですョ と言いながらも あぁ そうですかぁ~ と 実は喜ぶpikao
 
 
 
      場所は
 
      初めて「かわいい人」と飲みに行った 駅前のカウンターバー ってことになった
 
 
 
      pikaoは、駅に 2時間前に着いていた
 
 
 
      そして 作戦もバッチリ
 
      「かわいい人」と 「2人の世界」 が楽しみだった pikao
 
 
      時間通り、「かわいい人」は来た
 
 
      うぅん!
 
 
      「かわいい人」が もう一人
 
 
      あれれッ
 
 
      「モデルのような人」が さらに一人
 
 
      なんと 3人も来た
 
 
 
 
      これって 「2人の世界」 どころか 3対1 の「ハーレムの世界」 じゃん?
 
 
 
 
      これは 計算外 だった
 
 
 
 
     
 
      「ごめんなさいネェ」  「みんな ついて来ちゃったぁー」 とpikaoが好きな笑顔で言われた
 
 
 
 
      私の妹ですと紹介された
 
       妹は 「かわいい人 プラス きれいな人 」だった (来年1月に結婚が決まっていた)
 
 
      もう一人、「モデルみたいな背が高い(175cm)女性」は 妹と一緒の美容師さんだった
 
 
 
      2人とも アカヌケした 美人だ
 
 
      とりあえず 4人で乾杯?  すぐ 意気投合してた  
 
 
      美人の2人は pikaoが関西弁でしゃべるのを気に入ったようで pikaoの話をよく聞いていた
 
 
      そして、美人の2人から やたら質問されていた  pikaoはモテテるような錯覚になっていた
 
 
      でも 
 
 
      「かわいい人」とは話しが弾まない 
 
 
 
 
      これは 想定外 だった
 
 
 
 
 
      つづく
 
 
 
 
      
 

結婚したい 1

8件のコメント


 
   回顧録 つづき     pikaoは「結婚したい」と思った
 
 
 
      「運命の人」は「かわいい人」
 
 
      「かわいい人」と話がしたい  その思いで pikaoは電々公社へ行った
 
        若い人は 電々公社を知ってる人は少ないかも  (現在のNTT
 
 
      寮にはピンク電話が寮母室に1台あったが 何かと不自由・不便だし。。。
 
 
      自分で 部屋に電話をひいた
 
 
      費用は 1ヶ月の給料の7割くらいかかったけど 話がしたい一心で決断した
 
 
 
 

                                  (写真参照:携帯黒電話より)
 
      はじめての 自分専用の電話です 「黒電話・ダイヤル式」 外には持っていけない 笑
 
 
      「かわいい人」に手紙も書いたけど もっぱら電話をしてた いつも一方通行だけど
 
 
      マイ電話でいつでも話が出来るし、それより、いつでも会いに行けるし 会いに行った
 
 
 
      「かわいい人」に 会いに行ったけど その後、デートらしいデートはない T_T;
 
 
      「かわいい人」は年下のpikaoを結婚対象としていないから  片思いは辛いなぁ
 
 
 
 
 
      「ペアdeデート」から すでに 1ヶ月経っていた
 
 
 
 
 
      突然 「電話が鳴った」 
 
        この電話はかけるばっかしで 鳴ったことがない pikao驚いたぁ~
 
 
      それは
 
 
 
 
      「かわいい人」からの電話でした
 
 
      突然だったので pikaoは言葉が出ない 嬉しさのあまり 言葉が出ない
 
 
 
 
 
 
 
 
      つづく
 
 
 
      
 
 

かわいい人

8件のコメント


 
   回顧録 つづき   「運命の人」は可愛い人
 
 
      「運命の人」を見送っていたのは pikaoと寮母さんだけではなかった
 
 
      寮の部屋から みんなが覗き込んでた
 
      酒盛りしていた寮生・マージャンしてた寮生 みんなが見送っていた
 
 
      pikaoは寮母さんと また食堂で話をした 時間は日付が変わろうとしていた
 
      寮母さんの「運命の人」の率直な感想を聞きたかった
 
      「落ち着いていて かわいい人じゃないの 寮母さんは『あんたには勿体無い」
 
      それから寮母さん 「他の人たち遅いね 大丈夫かしら。。。」 
 
      そうだ 誰一人 まだ帰って来ない (誘惑に勝てない奴らだとpikaoは思った)
 
      それから
 
      pikaoは今日のお土産を持って寮生が集まってる部屋へ行き 「報告会?」を開いた
 
      寮生に囲まれて 質問責めとなった
 
      「あの かわいい人 誰っ」 まぁまぁ 「寮長イッパイ」とコップ酒を差し出す仲間
 
      内心は嬉しいくせに「○○会社のΔΔ堂の店長をしてる人」とぶっきら棒に答えるpikao
 
      マージャン組みも加わり 部屋は寮生であふれかえった
 
      「寮長、今日の人 一番かわいいですネ」 寮生が かわいい可愛いを連発するから
 
      pikaoもいつの間にか テンション上がり しゃべるヮ しゃべるゥ。。。
 
      「運命の人」は俺より年上なんだと話すと
 
      寮生それぞれが
 
      「エッ」 「うそォ~」 「まさかぁ~」 「みえない見えない」 「年上の人かぁ」とか
 
      「運命の人」は年上でないとダメらしい と話すと
 
      寮生全員が
 
      「そんなの関係ない関係ない」と ややトーンダウン気味もpikaoを慰めてくれる
 
 
      「寮長、あの かわいい人結婚するんでしょ」
 
 
     結婚ッ ちょっと間があいてpikao
 
      「まあ。。。ね」 と何の根拠もなしに言ったら 
 
 
      また、寮生全員から
 
      「オォォォ\(●▽●)/」と声があがり 「乾杯・カンパイ。。。」となった
 
 
 
 
      結婚できたらいいなぁ~  いい夢みてました 
 

 

      そして朝になり いつも通りの出勤風景に戻った

 

      寮での「運命の人」の採点は

 

      みんなが 「かわいい人」と言ってた 「美人」とは 誰一人 言わなかった

 

      つづく

               
 
 

忘れられない味

4件のコメント


 
    回顧録 つづき    ペアdeデート  最終章 2部
 
 
       出前の「うな重」が2つ届いた  寮母さんのおごり(嬉) ホントに美味しかったぁ
 
       うな重を食べながら  また 今日一日の話が3人で盛り上がった  
 
             何よりも「運命の人」が、とても嬉しそうな顔をしていた (それがpikaoは嬉しかった)
 
       突然、話は  寮母さんの口から 「pikaoの評価・採点」の話に変わった
 
       「この人(pikaoのこと) ホントに嫌な奴だったヮ」 
 
       「この仕事してて こんなイヤなヤツ 初めてョ」 
 
       嫌な奴・イヤなヤツを連発・攻撃しながらpikaoの顔を覗き込む寮母さん
 
       pikaoは確かに、ここへ来た当時は 嫌な野郎だった (認めますがぁー)
 
       「運命の人」はそれを聞いて 「へぇーpikaoさんって そんなに人なんだぁ」
 
       「いやっ ちがうぅ」
 
       寮母さん やめてャ 今、そんな話 しなくてもッ と思った 
 
 
 
       今度は 一転 寮母さんの口から pikaoに対する褒め言葉の連発だ 
 
       「この人 いい方に変わったのョ」  イッパイ褒めまくってくれた  (pikao ホッ)
 
       「運命の人」はそれを聞いて 「へぇーpikaoさんはそんなにすごい人なんですか」
 
       褒められると弱い pikaoは 椅子に座って そっくり返ってた
 
       それから 寮母さんは
 
       「私がもっと若ければ この人と結婚したい」と フフッ笑った
 
       「運命の人」は 「あっ もう帰らなきゃ」と 
 
       そして「ごちそうさま」 それから「楽しかったです」と言って席を立とうした
 
       pikaoも 「そうだね もう遅いし」
 
       今日の[ぺアdeデート]の車は 「運命の人」の愛車を使用 ホンダのアコード しかも新車だった
 
       pikao帰る道わかるかなぁと思い
 
       「送っていくよ」
 
       「うぅん 大丈夫だから」といって さっさと車に乗り込みエンジンをかけた
 
       窓を開けて 「楽しかったぁ」 「ごちそうさま」を言い残し 「運命の人」は行っちゃったぁ
 
       pikaoは 車が角を曲がるまで ずっと見送っていた
 
       このとき食べた うな重の味は 2人にとって 「忘れられない味」になりました
 
 
 
 
       つづく   [ペアdeデート]は終了 次回 再会まで
 
             

長男の誕生日

4件のコメント


 
   息子の誕生日
 
      妹もケーキを持って 兄のお祝いに来た
 
      久しぶりに4人揃って 家族団らん
 
      いただいた新米を使って 「手巻き」でお祝いした
 
      米が旨いと 食べるワ 食べる
 
      お腹パンパン ケーキはパス ♪(笑)♪
 
 

誘惑・誘惑・誘惑

8件のコメント


 
   回顧録 つづき     「ペアdeデート」最終章
 
     
     横浜インター付近に建ち並ぶ「ラブホテル」の誘惑を振り切ったpikao
 
     東名高速は ずーと渋滞 首都高速に入る直前に 下へ降りた
 
     一般道「環八」も やっぱり渋滞だった(高速よりひどい渋滞みたい)
 
     pikao さらに抜け道へ
 
     道に迷った  あたりは真っ暗 ここが何処かもわからない(ピンチ?うぅ)
 
     その時、天の声がした 「ここでキスしちゃえ」 「真面目ブッテたら後悔するぞ」「さぁ 早く。。。」
 
     そして pikaoは車を止めた
 
 
     「運命の人」が不思議な顔をした
 
      それから   「高速の方がよかったね」と、顔を見合わせた 
 
 
 
 
 
 
 
 
     pikao 「ああっ。。。」 汗
 
 
 
 
 
     「そこから地図出してくれるっ」 汗・あせアセアセ焦るpikao
 
 
 
 
     だめだぁ~
 
 
 
 
      何もなく ホントになにもなく (情けない トホッ)
 
     何とか「環七」にでた  もう寮へ帰るしかない。。。と思ったら
 
     最後の誘惑? またまた ホテル街 ネオンがpikaoを呼んでるっ
 
     でも、今度は 天の声が聞こえる前に 車はシュッとホテル街を通過していた ハハァ
 
     まもなく 寮に着いてしまう
 
     これで「運命の人」との2人の世界が終わりになるのか 汗
 
     まてよ 部屋へ呼ぼう そうだぁ そうしよう。。。とpikaoは思った
 
     pikaoはアクセルを踏み込んでた (pikaoバカだね)
 
     数分で寮に着いた 
 
     寮に着いて 気が付いた 
 
     2階・3階の窓から 「お帰りィ~」のお見送り組のみんなの声・声・声
 
     そして、寮母さんが出てきて さらに「お帰り」の声
 
     「運命の人」と寮母さんは初対面 (pikao照れながら紹介した)
 
     寮母さんの方が早く 「まぁ中へ入りなさい」と食堂へ案内されてしまった
 
     その時、pikaoは寮生のみんなに捕まり そして冷やかされてた (報告はあとにさせてくれっ)
 
     寮母さんと「運命の人」の 二人の世界 になってる
 
     2人は話が盛り上がっていた そんな中へ しばらくして pikaoも食堂へ入った
 
     pikaoは2人に問いかけた 「何を話してた!」 
 
     寮母さんと「運命の人」が 顔を見合わせて フフっと笑った 気になるpikao
 
 
 
     ペアdeデート組は まだ誰も帰ってない事も知った (やっぱり、あいつ等 ホテルかぁ?)
 
 
     腹ペコなので 寮母さんのおごりで「うな重」注文中とか。。。
 
 
 
 
     つづく     長くなったので 「ペアdeデート」 最終章は2部へ ごめんなさい
 
     
 
 
 

貰い物ばかり

2件のコメント


 
   また、貰いました 「柿」です
 
 
それも、1個500円の「柿・2個」貰いました まだ、食べてません
 
「スイカ」を貰ってから「桃」やら「ぶどう類」やら貰ってばっかり それもイッパイだ
りんご・みかん・なし・さつまいも・くり・かぶ・なす・キュウリ・みずな・しいたけ・枝豆
毛かに・すじこ・わかめ・しゃけ・たら・かれい・こんぶ・ほっけ・いか。。。
 
やっぱり嬉しいのは「手作りパウンドケーキ」愛情が違う
 
手作りケーキ 手作りさつま揚げ。。。
 
お菓子は 数え切れないほど貰ってる
 
 
大阪から「ポンせんべい15袋入り」  これメチャクチャ旨い
 
送料の方が高いだろう
 
そう言う問題じゃないんだ 気持ちがありがたいデス♪
 
ホント幸せな pikao 
 
みんな ありがとう 
 
 
 
 

新潟産

4件のコメント


 
   『新米』 いただきました それも 10キロも
 
娘の嫁ぎ先からの「頂き物」です (感謝) (謝々)
 
これがまた まぁホント めちゃくちゃ 美味しい デス 
 
真っ白に光ってます
 
 
『新潟産 コシヒカリ』
 
コシヒカリは新潟で生まれ還暦を迎えたそうです
 
「日本一おいしいお米の横綱」として また、一から頑張るのでしょう
 
pikaoも頑張ろっとぉ