愛する人と

6件のコメント


 
   回顧録 つづきの前に
 
 
 
            10月に「妻との出会いの回顧録」を書き始めて とうとう 新年をむかえてしまいました
 
 
              新年明けまして おめでとうございます♪
 
 
 
 
            本年もどうぞよろしくお願いいたします ☆c(゜ー゜*)c☆
 
 
 
 
 
     今年最初の回顧録(pikao28歳の時)
 
 
          クリスマスから大晦日まで 「運命の人」を待っていたpikao
 
            「運命の人」は「かわいい人」で「大切な人」・「好きな人」であり
 
            「いとおしい人」
            
            それから 
 
            3月に「結婚する人」に決まった
 
 
 
 
            待ちに待った「運命の人」が独身寮のある最寄駅に到着した
 
 
 
 
      駅からの乗降客は多かったけど 「運命の人」をすぐ見つけられたpikao
 
 
      「運命の人」の笑顔を改札口で見て 言葉で言えない安堵感があった
 
 
      人を好きになるって これなんだなぁ 一緒にいる安心感なんだなぁ
 
 
      「運命の人」は 
 
 
      pikaoの これからの人生にとって「必要な人」とわかった
 
 
 
 
      誰もいない真っ暗だった寮は誰の邪魔のない 『二人の世界』 となった 
 
 
      ここ何日間 ひとりぽっちの寂しさを一気に取り戻した pikaoでした♪♪♪
 
 
      「愛する人」と二人きりの世界が いつまでも続いた
 
 
 
 
 
      つづく
 
 

よいお年を

コメントをどうぞ


 
 
 
   この1年 お世話になりました   
 
 
ホントに ありがとう♪ございました♪
 
 
pikaoは 皆さんに感謝しています
 
 
 
 
 
 
 
皆さん よいお年をお迎えください (^0^)v
 
 
来年もよろしくお願いします
 
 
 
 
 
 

大晦日まで

4件のコメント


 
   回顧録 つづき
 
 
 
             pikao 28歳の時の 年末 「運命の人」を待つ日々
 
 
             クリスマスに逢って次は大晦日の夜まで逢えない2人
 
 
 
 
 
      pikaoの年末年始は、みんなとスキーへ行くのが恒例になっていた
 
 
      いつも休みの1週間は スキー三昧でした
 
 
      この時は いつもと違う年末でした
 
 
      「運命の人」と一緒に正月を迎えるから pikaoは、スキーには行かなかった
 
 
      でも、「運命の人」は大晦日まで仕事 大晦日 夜遅くまで仕事!
 
 
      独身寮は 帰省したり スキーへ行ったりで 寮生は誰もいなくなった
 
 
      寮母さんも 年末年始の1週間は休みだ (だから食事もなしだ)
 
 
      pikao一人残された寮で 大晦日の夜まで 「運命の人」を待った
 
 
      一日が長い 待ってると 一日が長い 
 
 
      部屋の掃除も洗濯もしたし 洗車もした 買い物もした
 
 
      やったことの無い正月飾りをしたりけど 待ってると長い
 
 
      「運命の人」と一緒にいると すぐ時間が経ってしまうのに 
 
 
      ひとりぽっちだと 一日が長く感じるのは 何故だろう
 
 
      そうだ pikaoの周りは いつも 誰かがいて にぎやかだった
 
 
       このとき 「ひとりぽっちの辛さ」がわかった様な気がする
 
 
 
 
 
      あぁ あしたは 大晦日 (独身最後の大晦日だった)
 
 
 
 
      つづく
 
       
      

イチゴ

9件のコメント


 
 
 
   会社の女の子から 「いちご」 貰いましたぁ~   
 
 
 
大粒で とても 甘ぁ~いイチゴでした 感謝☆c(゜ー゜*)c☆
 
 
うちにも よく遊びに来ます ホントに優しい子です
 
 
その子も 最近付き合った彼氏と順調のようだ 「よかったネ♪」
 
 
あれっ  pikaoが手術して膿を出してから 
 
 
7月に 娘が結婚して pikaoの周りは「結婚」ラッシュ
 
 
8月 9月 10月 11月 12月 に各1組
 
 
来年も 1月 2月 3月 4月にも各1組が決まっている
 
 
こんなに続くと怖いくらい 
 
 
pikaoには 何か 「縁結びのパワー」があるのかもしれない
 
 
ハッピー \⌒0⌒/v ハッピー
 
 
 
今年も
いい年になりました
 
 来年も♪
 
 
 
 
 
 

2人だけのXmas

12件のコメント


 
   回顧録 つづき
 
 
 
            pikao 28歳のクリスマスの日は
 
 
      この日はお互いに仕事だったので クリスマスの夜に 2人だけで逢った
 
 
      「運命の人の身の上はなし」 を電話でいろいろ知ったpikaoは
 
 
      今日逢って ちょっと新鮮と言うか。。。 ちょっと「尊敬のまなこ」で見ていた
 
 
 
      「運命の人」はいつも通り 明るく振舞ってた 何もなかったように。。。
 
 
      レストランで2人向かい合わせで食事しただけ
 
 
 
 
 
      pikaoは 「運命の人」へ
 
 
      どうしても「ダイヤモンドの指輪」をプレゼントしたいと伝えた
 
 
      一緒に買いに行こうと話した
 
 
      そして
 
 
      正月の3日までに 買いに行くと 2人で決めた
 
 
     
      この日は「指輪」はなかったけど 2人だけの 「楽しいクリスマス」 となった
 
 
 
      つづく
 
 
 
 
あれから 20数年の月日が経った
 
 
今日はクリスマス
 
 
「2人だけで食事しよう!」と妻に言ったpikao
 
 
行った先は
 
 
 
 
うちから歩いてすぐの「デニーズ」で食事
 
 
帰る時には 雨が ポツポツ降ってきた
 
 
一つしかない傘 あいあい傘で歩いた
 
 
お互い 年を取ったけど
 
 
ちょっと新鮮
 
 
 
 
 
 
 
      

クリスマス イブ

10件のコメント


 
   回顧録 つづき
 
 
 
            「運命の人」は、小3の時から子守をしてお金を稼いでいた
 
 
 
 
 
      お父さんが 病気だったから 電気・ガス その後 水道も止められたことを聞いて
 
 
      「運命の人」の強さを感じた pikaoにない強さを感じた
 
 
      「運命の人」は社会に出てから 今で言う「いじめ」にあったらしい。。。
 
 
      でも、そんな程度の「いじめ」は 「運命の人」にとっては「いじめ」でなかったらしい
 
 
      耐えることには 誰にも負けない 少々のことでは 音をあげない根性があった
 
 
 
      どん底の生活をしてきたから 這い上がる強さを持ってるから 平気だったらしい
 
 
 
      「運命の人」が持っている
 
 
       人を思いやる感謝の気持ちは こんなところから生まれてきたのかも知れない
 
 
       そういえば 以前 pikaoの母の残り物を食べたなぁ~ (母を超えていたなぁ)
 
 
      「運命の人」が持っている
 
 
       ホントの優しさ と どん底から這い上がってきたに強さに pikaoはひかれた
 
 
 
      いつか 「運命の人」と クリスマスは
 

                

 
      こんな風になれたらいいなぁ と夢みたpikaoです
 
 
 
 
     つづく
 
 
 

いとおしい人

10件のコメント


 
   回顧録 つづき
 
 
                「運命の人」に指輪を一緒に買いに行こうと 誘いの電話したpikao
 
 
 
      さりげなく pikaoは指のサイズを聞いた
 
 
      「。。。 わからない」 の返事
 
 
      「・・・」
 
 
      pikaoは今日一人で デパートへ行った事を話した ダイヤモンドの話をした (照れながら)
 
 
 
      今日の「運命の人」は ちょっと元気のない声だ
 
 
      「そんなに よく してもらわなくいいの。。。」 (やっぱりいつもと違う)
 
 
      それから 「運命の人」は 身の上話をしだした
 
 
      うちは貧乏で 私は、小学校3年生から 子守のアルバイトをして稼いだお金は  お母さんに全部あげた
      ガスも電気も止められた (その後、水道も止められた!) 子供の時から 太くて長いローソクを買って
      電気の代わりをしていた お父さんが病気だったため、お母さんは 早朝から夜遅くまで働き詰めだった
      だから学校へも行けなかった 。。。
 
      
      話は続いた pikaoはずっと 「うん」 とだけ答えてた
 
      最初ベッドに寝そべって電話してたpikaoは 座って話を聞いていた
 
 
      妹2人が年明けの1月・2月と結婚するし。。。 うちにはお金がないの と言った。。。
 
      
      話は延々と続い
 
 
      だから ダイヤモンドの指輪 そんな高い指輪 いらないの
      結婚式も。。。質素に。。。と思ってるのと。。。
 
 
 
      電話の話は 日にちが変わっても続いた
 
 
 
      結納も簡単にしてほしい。。。うちは何もできないから。。。
 
 
 
      「うん」としか答えなかったpikaoは
 
 
      はじめて
 
 
      「よく わかった」 と 「うん」以外の言葉で言った
 
 
      それからpikaoは 
 
 
      「運命の人」を 「いとおしい人」 と強く胸に感じた
 
 
 
 
 
 
      つづく
 
 

Older Entries