回顧録つづき
 
     その前に 
      きのうクライマックスシリーズに敗れ 阪神タイガースの今季が終了しました
      一時は最下位から首位まで登りつめた どん底からドラマを見せてくれました
      また、来季に期待したいします! それに いい報告もありました (うんうん)
 
      
 
        前回は 「俺働くヮ」 と言った まで
 
時間
 
大阪へ戻って半年間 何かに取り付かれていたような毎日だった (ホントにねぇ)
 
DSCN30231
 
とうとう いつもと違う朝を迎えた (やっとかョ)
 
あの首吊り事件は pikaoに何かを伝えようとした気がする 
(ラクすればするほど苦しい やっぱり夢に飛び込んでいく方が楽しい・・・)
 

大きく変わることが 大変なら まず小さな一歩から踏み出してみる 

 
すぐに 新聞の折込チラシの中から 一社だけ選んだ (行動が大切だな)
 
そして 週明けの月曜日に面接が決まった
 
 
自分の見栄はあるけど あの時のような変なプライドは 、前ほどない
 
あれだけ悩まされた 濡れ衣の被害妄想は もう薄れていた 
 
言いたい奴には 好きに言わせておけ 笑い飛ばせるようになった (小さい笑)
(正しいことは 誰に何を言われようが ドンドンやっても問題は起きないんですョ これは教訓)
 
この朝 背後霊のようなモノは とり払われた瞬間でもある 
 
pikaoには 愛する家族がある
 
愛しい妻がいて かわいい子供たちがいてイッショに頑張れる あぁ幸せ!
 
これが 半年前のpikaoだ!
 
ちょっとだけ まわり道は したけど それを意義・意味のある時間にしないと・・・
 
これからの人生に活かしていこう 強く決意したpikao
 
 
結局 このチラシで最初に目に付いた会社が 
 
これから20年世話になることになりました (不思議デス) 
 
pikao全力で全精力で頑張りました 会社は大成長しました (大きな自慢)
 
そうそう 前に10年間勤めた商社は その後、倒産しました (やっぱりャ)
 
20年後 また この会社を辞めた理由は 次の機会で回顧録にします
 
 
 (ホント人生いろいろデスね)
 
 
つづく
広告