父の誕生日

もしも生きていたら・・・

LOVE101歳LOVE
 
 
今思えば 父は凄かったなぁ
 
詩吟は8段 もちろん師範で「露東」という名前があった
 
川柳は 「点心坊」の名前で ある新聞にいつも掲載されていた
 
ハーレーダビッドソンに乗って宝塚歌劇へ通っていた父
 
釣り吉でも有名だった父 ギャンブルはすべてやっていた父
 
他に将棋・麻雀・・・と数え切れないほど強かった
 
ひと財産もふた財産も費やした父でした
 
特にビリヤードは凄かった
 
pikaoがまだ小さい時 家には優勝トロフィーがイッパイあった
 
。。。
 
今から25年前に
 
 
父とたった一度だけ「ビリヤード大会」に一緒に出場した事がある
 
pikaoは 父とは別のブロックで順調に勝ち上がって
 
おそらく 「決勝」で親子対決のはずだったが・・・
 
父は不覚にも 決勝を前にして敗退した
 
父は当時70歳半ば「年には勝てない」と珍しく言い訳していた
 
名人の父の応援をバックに
 
pikaoは ここのビリヤード場№1の人と決勝を争った
 
この日のpikaoは絶好調でした
 
これを落とせば優勝というとき pikaoは笑ってしまった
 
決める前に笑ったのが失敗だった
 
(教訓)
勝負事は勝つまで気を許すナ 笑いたかったら勝ってから笑え!
 
結局 逆転を許し pikaoは準優勝に終わった
 
その時 父がpikaoに言った一言は
 
「アホ」
 
続けて
 
お前は何をやっても
LOVE2番やなLOVE
きつい言葉でしたネ
広告